大阪の美容整形で「額のしわ」解消

美容整形は魔法ではありません

悩みの額のしわ解消法とは

額のしわの悩みを解決する治療方法の案内。施術料金、Q&A形式のよくある質問など。東京、大阪で適正価格で安心の治療が受けられる美容整形の案内。人気の額のしわ解消法のほか、肌のアンチエイジングに関連する治療術について詳しくご紹介します。

悩みの額のしわ解消法とは

しわとは大きくわけて、小じわと大じわがあります。小じわは皮膚の老化によって皮膚の中のコラーゲンが減少し、発生するものです。大じわは、皮膚の下の表情筋の老化によって生じるもので、たるみによるものです。小じわは、たとえば目元のしわなどで、大じわは鼻唇溝のしわなどが該当します。また、日常のお顔の癖などによって生じるしわもあります。眉間のしわなどがその典型です。

しわの治療法については、小じわについては、ヒューマンコラーゲンやヒアルロン酸などのフィラー注入があります。また、光治療によって皮膚の中のコラーゲンを増加させたりする治療もあります。一方、大じわについてはリフト手術を行ってたるみを改善するという方法で解消します。またお顔の癖によって生じてくるしわには、ボトックスという筋肉を麻痺させる薬を注入します。

大じわを解消するリフト手術とは

額のしわなどのエイジングはどんどん加速します。老化の初期段階では、注射等の皮膚科治療だけで満足できるかもしれません。しかし、良い結果をもたらすためには、変化が小さいうちに何らかのリフト手術を受けることが重要です。

当院では、日本で手掛けているドクターがほとんどいないといわれる手術も数多く施行しています。内視鏡による前額部除皺術であるブローリフトや顔面中部の若返りミッドフェイスリフト、また一般的にフェイスリフトよばれているロアーリフトなどを行っています。また、当院の院長は若返り手術をライフワークの一つとしており、美容外科学会で講演発表したり、各国のセミナーに参加し、公開ライブ手術を行ったりして広く内外の医師に情報を提供しています。
このような手術は、高度な技術を要するものではありますが、当院では、他院に類をみないリーズナブルな価格設定を実現しています。より多くの患者様に若々しくなって頂きたいという信条から、そのような価格としました。

また、フェザーリフトやケーブルリフトあるいはエンドピールなどより簡単な処置によるリフト手術も行っています。たとえば、手術を受ける時間がなかったり、予算的な余裕がなかったりする方にはこのような治療が適しているでしょう。
患者様のご希望やエイジングの程度に添った的確で高度なテクニックを施せるよういろいろな治療方法を用意しています。患者様にぴったりあった施術により、効果的で美しい仕上がりを実感していただけるはずです。
誰でも、若い頃のように皮膚がピンと張って、全体的に上に持ち上がっていたお顔に戻りたいはず。頬部分や目元のしわ・たるみを改善することにより、5〜10才の若返りが可能なのです。

「一重まぶた」と「二重まぶた」との違い

詳細はこちら

額のしわ治療などアンチエイジングについてよくある質問

●眉間のしわで悩んでいます。その場合どのような治療になりますか?

眉間のしわは、ボトックスの注射が簡単です。しかし、5ヶ月半ぐらいでボトックスの効果がなくなりますから、またしわがでます。

●フェザーリフトのことでお伺いしたいのですが、どのような糸をご使用され、また20万円で何本の糸を通して下さるのでしょうか。

フェザーリフトの場合は、どこを引き上げるかにより違ってきますが、一般的には、アプトススレッドを左右3本ずつ、計6本挿入するのを基本としています。鼻唇溝の改善のためにその上部のホホを引き上げる場合は、フェザーリフトよりケーブルリフトの方が強力です。

●ケーブルリフトの手術をした場合、顔の筋肉を「部分的に」糸で引き上げる、ということになると思うのですが、年齢を重ねていくうちに(再びたるみが進行するうちに)、部分的にひきつってしまうようになることはないのでしょうか?つまり、糸で吊った箇所を点として、そのほかの部分がぶら下がるようなイメージです。危険性としてどの程度なのか教えて下さい。

ケーブルリフトの件ですが、糸で引き上げますが、これはある幅をもって引き上げますから、決して点で引き上げるわけではありません。将来的には、別の部位が下垂してきますが、これは、本格的な手術をしても起こりえます。顔面の下垂は大きく分けて3つの部位からできています。

日本美容外科医師会認定医療機関

copyright (c) ゴールドマンクリニック All rights reseaved.